ロボット


ロボット教室とは

学びに驚きと感動を!
子供たちが夢中になるロボット作りには、
たくさんを学びにあふれている。

 

自ら考え、自ら学ぶ子供たちを育てる教育を提供。
手を動かし、頭を動かせてイメージしたものをカタチにする。
オリジナル教材のロボットを作ることで、子供の個性を引き出し、創造力を育みます。
また「理科の知識」も自然と身についていきます。

高橋 智隆 先生プロフィール
ヒューマンアカデミー
ロボット教室アドバイザー
高橋 智隆 先生
ロボットクリエーター
東京大学先端科学技術研究センター特任准教授
2003年、京都大学工学部卒業。
代表作にロボット電話「ロボホン」、ロボット宇宙飛行士「キロボ」、ディアゴスティーニ「週刊ロビ」、グランドキャニン登頂「エボルタ」など。ロボカップ世界大会5年連続優勝。現在、㈱ロボ・ガレージ代表取締役、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授などを務める。ロボットクリエイターとして、ロボットの研究、設計、デザイン、製作を手がけている。代表作にロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」、世界初の対話できるロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」(トヨタ自動車、電通と共同開発)など。

ロボット教室

ヒューマンアカデミーロボット教室は全国に1,00教室以上!日本最大級のロボット教室です。
お子様の力を伸ばす習い事として多くのご家庭に選ばれています。
  1. ヒューマンアカデミーロボット教室の特長
    • ブロックを使ったロボット教室が大切にしているのは、こども自身が「考える」「生み出す」ための力を育む基礎能力。
    • 夢中になって遊びながら、見ら体感できたことこそが本物の力になります。
    • 基礎がしっかりすれば、お子様の伸びしろは、ぐんと広がります。
  1. ブロック×手作業で、発想力が育つ
    • 「ロボット教室」のロボットはブロックで組み立てます。
    • ブロックを手で触りながら試行錯誤し考える、という行為はアイディアが生まれやすく、発想力が身につきます。
  2. 空間神式能力がつく
    • ブロックをいじりながら、どんな作り方をしようかと考えるうちに、頭の中で立体物が自由にイメージできるように。
    • この能力は、こどもの頃にしか養えないといわれています。
  3. クリエイティブを生み出す感性を伸ばす
    • ブロックを使いイメージをカタチにすることは、モノを生み出すこと。
    • この時期のこども特有の豊かな想像力や自由な感性を表現できる喜びに、こども自身が夢中になります。
  4. 力学、動力の仕組みを体感として学ぶ
    • ギアやモーターといった動力の仕組み、さらに「てこの原理」や「摩擦の力」といった理科の知識を、
    • 自分が作りたいロボットを通して体感しながら学ぶことができます。
  5. 1つのキットからいくつものロボットを作る
    • ヒューマンアカデミーロボット教室は同じブロックキットから何十種類ものロボットを作成します。
    • お子さまが試行錯誤しながら数多くのロボットを作成することが、様々な能力を引き出すきっかけとなるのです。

授業時間

毎月第二、第四木曜日 16:30~18:00

料金

学費
<入会時のみ>
入会金 10,000円(税抜)
教具代 28,500円(税抜)
<月額>
9,000円(税抜)
テキスト代500円。